20170224

グリークヨーグルト、誕生ストーリー



「チーズを身近に、日常に」をコンセプトとして、
出来たてのフレッシュチーズはもちろん、
チーズにまつわる食材や本などを販売する
& CHEESE STAND」。

お客さまから「出来たてのチーズが気軽に買えるように
なってうれしい」との声をいただく一方で、
201612月のオープン当初から
「テイクアウトメニューがあるといいのに」
という声もたくさん頂戴しました。

そこで、チーズを使ったピタサンドやスープ、デザート
などを提供していますが、「グリークヨーグルト」も
そんなテイクアウトメニューの一つ。
でも、実はCHEESE STANDの「グリークヨーグルト」
以前からの構想を経て誕生したメニューなのです。

チーズ工房がつくる、CHEESE STANDならではの
ヨーグルト。

その誕生ストーリー、3つの理由をご紹介します。


1.グリークヨーグルトはチーズのひとつ!?



グリークヨーグルト、いわゆる“水切りヨーグルト”が
実はチーズの一つでもあるって、ご存じでしたか?

チーズにはいろいろな種類のものがありますが、
フランスで日常的に食べられているフロマージュブランや
パニールというインドの酸凝固チーズなどは
「乳酸菌によって酸性化した凝乳を漉したもの」
という定義に則ったチーズ。
ヨーグルトは食品分類としてよく知られているもの
ではありますが、水分を漉してつくられる
「グリークヨーグルト」も、いわばチーズのひとつ
と言えるわけです。

「それならば、フレッシュで酸味が心地よい
グリークヨーグルトをつくってみよう」

CHEESE STANDならではの
グリークヨーグルトって、どんなものだろう?」

「美味しさはもちろん、いつかアメリカの朝食で
体験したような、ワクワクするようなメニューにしたい」

CHEESE STANDの挑戦は、そんな想いから始まりました。


2.素材の魅力を伝えたい



毎朝、東京・多摩地域の牧場から届けられる新鮮なミルク。
その美味しさをこれまでのチーズとは異なる形で
提供できないだろうかという想いがまずありました。

でも、使用する乳酸菌も同じと言う訳にはいきません。
ヨーグルト用の乳酸菌は、実に何百種類も。
理想とする粘度や酸度などを考慮して選ぶ必要があります。
また、水切りの加減もグリークヨーグルトにとって
とても重要なポイント。水切りヨーグルトだからといって
硬ければよいというわけではありません。

試作は何度も繰り返され、ミルクや乳酸菌の特性を
見極めながら、ようやく理想とするテクスチャー(食感)
と風味のヨーグルトが完成していきました。

でも、素材としてのグリークヨーグルトだけでは
何かつまらない。

そこで、CHEESE STANDのチーズを生かした
料理メニュー開発の経験をフル活用。味はもちろんのこと
生産者の顔が見える食材、高品質な調味料などを生かした
トッピングを考え、旬の美味しさと見た目の楽しさを
グリークヨーグルトにもたらすことにしました。

これまでに出会ってきた生産者による食材との融合で
カラダもココロも元気で豊かになる
「グリークヨーグルト」を。

そんな取組みから、2つのメニューがまずは誕生しました。




ひとつは、鮮やかなグリーンが見た目にも爽やかな
《キューカンバー》
サラダ感覚のヘルシーなメニューです。

トンダイブレア種というシチリア産のオリーブから丁寧に
搾油される、高品質なエクストラヴァージンオイルを使用し、
新鮮なキュウリ(=キューカンバー)、コリアンダー、
ミントを軽く和え、ベースとなるグリークヨーグルトに
トッピング。
さらに、地中海に浮かぶマルタ島で1年の月日をかけて
作られるフレーク状の海塩で仕上げています。




もうひとつは、デザートスタイルの《オレンジチョコ》

ベルギーのクーベルチュールチョコレート(カカオ70%
ビーントゥバーシングルオリジンのチョコレートの
代表格とも言える富ヶ谷の人Minimalカカオニブ
を使用。さらに、オレンジの砂糖漬けとピスタチオをのせ、
最後にミントの葉を添えて完成です。


フレッシュで後味も軽やかな水切りヨーグルトに、
味も見た目も熟考して生み出されたトッピング。
CHEESE STANDらしい「グリークヨーグルト」の
デビュー作2品となりました。



3.グリークヨーグルトから、豊かな食のヒントへ



こうした食材の組み合わせによるCHEESE STAND
「グリークヨーグルト」は、いわば、未完の完成。

まずは味わっていただきつつも、それだけで完結せずに、
家庭でもさらに楽しんでもらえたらという想いもあります。

はじめにご紹介したように、「チーズを身近に、日常に」
が、「& CHEESE STAND」のコンセプト。
「あ、こんな食べ方もあるんだ」ということを一つの
ヒントとして、いろいろと楽しんでいただければ
と思っています。

「大好きな◯◯をトッピングしてみよう」

「この前、田舎から送ってもらった◯◯があるから、
使ってみよう」

「出来たてモッツァレラを使ったサラダなら、
こんな組み合わせもいいかな」・・・

グリークヨーグルトやフレッシュチーズを素材に、
自分なりにクリエイトしながら、
美味しい食卓が広がると素敵だなと思います。


健やかで、笑顔あふれる、食卓のために。


そんな豊かな食のきっかけとなるよう、
CHEESE STAND「グリークヨーグルト」の
メニュー開発はこれからも続いていきます。


20161129

「& CHEESE STAND」完成間近!

「街に出来たてのチーズを」をコンセプトに、
渋谷区神山町にオープンしてから4年半。
多くの生産者、シェフ、クリエイターとの出会い、
地域のつながりによって、
「SHIBUYA CHEESE STAND」は育まれてきました。

そんな素敵な作り手のみなさんの商品や想いとともに、
新たな工房を併設した新店舗
「& CHEESE STAND(アンド チーズスタンド)」が
いよいよ富ヶ谷に誕生します。
(12月6日オープン予定)

「& CHEESE STAND」のロゴ。
「&」がまるでブッラータのような
デザインになっています。


本日の状況。
新店舗にも新たな看板牛さんが登場です。


イメージとしてはこんな感じになる予定です。



「SHIBUYA CHEESE STAND」からも
歩いて3〜4分ほどのご近所。
“オクシブ通り”と呼ばれている通り沿いになります。



出来たてのフレッシュチーズはもちろん、
オリーブオイルやはちみつ、チョコレートや塩など、
日常の食卓でフレッシュチーズをより美味しく
楽しんでもらえるような食材を販売するショップになります。

ですので・・・

食べに行くのは「SHIBUYA CHEESE STAND」、
買って帰るなら「& CHEESE STAND」でスムーズに!

といった使い分けを
お客さまにしていただけるよう
目下、最終の準備を進めています。


店の奥には、新たな工房が誕生。
これまで以上に、多くの方に
フレッシュチーズを召し上がっていただけるよう
工事も進行していきました。

これは、チーズバットが搬入された時の模様。




オープンに向けて、工房はもちろん、
販売する商品の準備なども最終段階に入ってきています。

みなさま、どうぞお楽しみに!


& CHEESE STAND(アンド チーズスタンド)
東京都渋谷区富ヶ谷1-43-7


東京メトロ千代田線 代々木公園駅
または
小田急線 代々木八幡駅より 徒歩4分

平日 11:00〜20:00
土日祝 11:00〜18:00



20161125

年末年始の営業について(2016-2017)

年末年始の営業については、下記を予定しています。
(2016.11.25.現在)

◎SHIBUYA CHEESE STAND(店舗)

12月29日(木) 通常営業
12月30日(金)〜1月5日(木) 年末年始休業
1月6日(金) 通常営業(年始営業開始)



◎オンラインショップ(FRESH CHEESE Delivery)
のご注文と発送
※ご注文数によっては、お届けご希望日時に添えない場合も
ございます。予めご了承ください。
※「店頭受取分」の日時に関しては、上記の店舗の
営業時間内となります。


<年内最終>
12月29日(木)午前10時までのご注文分
※朝フレッシュセット、オールセットは
12月30日(金)お届け予定分
⇒12月29日(木)の製造・発送

・お届け予定
本州(以下を除く):12月30日(金)午前中以降
中四国・東北エリア:12月30日(金)14時以降
北海道・九州・離島など:12月31日(土)


<年始初回>
12月29日(木)午前10時以降〜
1月6日(金)午前10時のご注文
※朝フレッシュセット、オールセットは
1月7日(土)お届け予定分
⇒1月6日(金)の製造・発送

・お届け予定
本州(以下を除く):1月7日(土)午前中以降
中四国・東北エリア:1月7日(土)14時以降
北海道・九州・離島など:1月8日(日)


以上

南イタリアのワインセミナーを開催

11月23日(水祝)。
イタリア大使館 貿易振興部主催のイベントとして
「南イタリア ワインセミナー」を
開催させていただきました。



登場したワインは全8種。
同品種で比べ、環境や土壌の違いで
どのようにワインの味わいが変わるか、
またそれと合わせて食される、
其々の郷土のチーズ料理などの話となりました。




※( )内の数字は、当日の提供順の番号

左の3本は、グレコ種(白ワイン)で産地違い。
カンパーニァ(①)、プーリア(②)、カラブリア(③)。

真ん中の2本はシチリアの白で
ズィビッボ種(④)とフィアーノ種(⑤)。

右側の3本は、アリアニコ種のロゼでこれも産地違い。
カンパーニァ(⑥)、プーリア(⑦)、カラブリア(⑧)。


比較試飲は、3種のグレコからスタート。

皆さんの前で練り上げた、
出来たてのキューッとした
ミルク感溢れるモッツァレラの味わい、
また当日出来たジューシーな
モッツァレラとの相性も。

少し甘みのあるシチリアの白2種は、
リコッタとの相性を体感。

ロゼは、トマトを添えて合わせ、
モッツァレラに何かの素材をプラスすることで
ワインに寄り添うようになることも
お伝えしました。

あっという間の2時間セミナー。
またいろいろと考察しながら
こうしたセミナーも企画したいと思います。



藤川千鶴(SHIBUYA CHEESE STAND
AIS(イタリアソムリエ協会)公式テイスター、日本ソムリエ協会認定ソムリエ


◎SHIBUYA CHEESE STAND
〒150-0047 東京都渋谷区神山町5-8 1F
http://cheese-stand.com/access/

東京メトロ千代田線 代々木公園2番出口より徒歩6分
渋谷駅より徒歩10分
都バス・京王バス「放送センター西口」すぐ

営業時間 11:00〜23:00 (L.O.22:00) 日曜日11:00〜20:00
定休日 月曜日・年末年始
(ただし月曜日が祝日の場合翌平日休み)
TEL 03-6407-9806

20161117

イタリアワイン「タヴィニャーノ」を堪能

イタリアワイン評価ガイド「ガンベロ・ロッソ」で
3ビッキエーリ(最高評価)を受賞した
「Tenuta di TAVIGNANO(タヴィニャーノ)」。

昨夜は、ダヴィッド・マッツフェリさんが
SHIBUYA CHEESE STANDに来店されました。



「タヴィニャーノ」は、イタリア半島中部、
マルケ州の「バルコーネ・デッレ・マルケ」
と呼ばれる景観の素晴らしいところにある
カンティーナ(ワイナリー)です。



自然が豊かでブドウ栽培の環境に恵まれているため、
農薬などをほとんど使用しない、
いわゆる自然派と呼ばれる作り手で、
「ブドウ農家のままでは美味しいワインを
伝えられない」との想いから、
1973年よりワイン作りを始めています。




昨夜は、ダヴィッドさんの来店記念ということで
お客さまにはスペシャルメニューを
ご用意しました。

まずは、グラスワインとして
ご用意したワインたち。



左から・・・

・パッセリーナ<白>
フレッシュハーブのような若々しい香りと爽やかで
ドライな口あたり。

・“ミスコ” ヴェルディッキオ<白>
柑橘やアプリコットのような香りがあり、
しっかりとした旨みも。

・“チェルヴィドーニ” ロッソ ピチェーノ<赤>
黒いベリーの香りと凝縮したエレガントな果実味。

そして、一番右のワインは
チーズスタンドではおなじみの“ウンガノ”<赤>。

“ウンガノ”の「サン サルヴァトーレ 1988社」も
3ビッキエーリ(最高評価)を受賞したのですが、
今回は残念ながら来日できず、
代わりに、“ウンガノ” ペスチュム アリアニコ<赤>を
お客さまに1杯スペシャルサービスさせていただきました。


料理もスペシャルメニューをご用意!


「秋のフルーツカプレーゼ〜柿とリンゴ、柚子の香り〜」 。
“ミスコ”<白>にぴったりです。


もう一品、「きのこのブルスケッタ」。
これは“チェルヴィドーニ”<赤>にあわせて
ご用意しました。


そして、“ウンガノ”アリアニコ<赤>に
あわせたドルチェも・・・


「リコッタ プリン アリアニコのブドウのソース」。
フルーツソースとして「サン サルヴァトーレ 1988社」の
アリアニコを使っています。


フレッシュチーズに、最高評価を得た
美味しいイタリアワイン・・・。

「タヴィニャーノ」のワインは
引き続きメニューオンしているものも
ありますので、ご来店の際には
ぜひスタッフにお尋ねください。
(sano)


◎SHIBUYA CHEESE STAND
〒150-0047 東京都渋谷区神山町5-8 1F
http://cheese-stand.com/access/

東京メトロ千代田線 代々木公園2番出口より徒歩6分
渋谷駅より徒歩10分
都バス・京王バス「放送センター西口」すぐ

営業時間 11:00〜23:00 (L.O.22:00) 日曜日11:00〜20:00
定休日 月曜日・年末年始
(ただし月曜日が祝日の場合翌平日休み)
TEL 03-6407-9806

20161102

きのこの秋、リコッタサラータと。

深まる秋。

先日ご紹介した
「蝦夷鹿サラミとクレソンのサラダ」
のほかにもうひとつ、
この季節ならではのサラダを
ご用意しています。


マッシュルームのサラダ
リコッタサラータかけ(730円)

マッシュルームのみを育てている
静岡県浜松市の農園のものを使用。
ここのブラウンマッシュルームは、
生で食べても、味わいや香りがしっかり。

そこに、リコッタサラータを削り、
ミントをぱらり・・・。

イタリアのロゼワイン、
チェラッソーロ・ダブルッツォにぴったり。
グラス(700円)でご用意しています。
(sano)


◎SHIBUYA CHEESE STAND
〒150-0047 東京都渋谷区神山町5-8 1F
http://cheese-stand.com/access/

東京メトロ千代田線 代々木公園2番出口より徒歩6分
渋谷駅より徒歩10分
都バス・京王バス「放送センター西口」すぐ

営業時間 11:00〜23:00 (L.O.22:00) 日曜日11:00〜20:00
定休日 月曜日・年末年始
(ただし月曜日が祝日の場合翌平日休み)
TEL 03-6407-9806

20161027

野菜とモッツァレラのあったかスープ

気温の変動も大きく、体調を崩しがち。
そんな時は、あったかスープランチで
ビタミン補給しましょう!



たっぷり野菜と
ごろんとモッツァレラのスープ。
(パン付き670円/単品570円)

トマトベースのスープに、
キャベツ、ニンジン、
タマネギ、パンチェッタが
たっぷり入ったミネストローネ。

そこに、ごろんとモッツァレラ。
スープの熱でびよーんと伸びる
モッツァレラで、コク豊かに。

季節のスープメニュー。
ココロもカラダもふわっと温まります。
 (sano)


SHIBUYA CHEESE STAND
〒150-0047 東京都渋谷区神山町5-8 1F
http://cheese-stand.com/access/

東京メトロ千代田線 代々木公園2番出口より徒歩6分
渋谷駅より徒歩10分
都バス・京王バス「放送センター西口」すぐ

営業時間 11:00〜23:00 (L.O.22:00) 日曜日11:00〜20:00
定休日 月曜日・年末年始
(ただし月曜日が祝日の場合翌平日休み)
TEL 03-6407-9806