20150801

サンフランシスコ研修①





サンフランシスコ研①食べる研修


7月13日~16日、弾丸ですが社員研修旅行でサンフランシスコへ行ってきました。

今回の旅の目的は「地産地消」「食材を生かす」「食材に真摯である」といった私たちが目指すべきところ、筆者(藤川)が10年ほど前にサンフランシスコで感銘を受けたことを
社員スタッフと共有するためです。


現地の朝に到着し、サンフランシスコの郊外のバークレーに直行。

夜に予約していたCHEZ PANISSEでランチも飛び込みで入れました。
TSUTAYAなんかに行くと、中央に積まれていたるするアリス・ウォータースの本。


山羊乳のリコッタと野菜のサラダ
一つ一つの素材が美味しいです

ピッツァ職人時代に食べそこねたピッツァ。
リコッタサラータが豪快に。
説明を追加

素敵なディナーも



今回はいけなかったけど、規模感、雰囲気ともすごく素敵なお店



2日目は、
素敵なお店で朝食とBakesale BettyでサンドイッチとCheese Board Pizzaでピッツァ。


TOWNIEで朝食を

豪快。5年ぶりだけど美味しい。



ひっきりなしにお客さま


こちらも行列


ピザも美味しいど、サラダも美味しい。



3日目は市内を駆けまわっていろいろと食べ歩きました。

代官山にこなかったTartine Bakery
素直に美味しいし、スタイルが格好いい。
オーガニックのスーパー Bi-RITE
NYやカリフォルニアのクラフトマンシップ溢れた商品ばかり。
日本で売られている素敵な加工品もちらほら。

Mssion Cheeseにてブッラータのサンド

Four Barrel Coffeeのトースト専門店 The Mill

フェリービルディング内、Cow Girl Creameryのチーズ売り場
フレッシュチーズの量り売り 

3回目のカリフォルニア。
あたりまえだけどそれほど多くは変わっていない。素敵なお店は素敵なまま地元に愛されている。
スーパーで見る生鮮品だけでなく、チーズやジャムなんかは近くで取れるものが多く並んでいる。
カルチャーや良いモノを地域やそれを受け継ぐ人たちがしっかりと守っている。


他にも行きたいところ、行ったところ、行けなかったところがありますが、またすぐにでも行きたい。

0 件のコメント:

コメントを投稿